読み込み中 . . .
中止

ウシマンボウ

Mola alexandrini (Ranzani, 1839)

分布 極域を除く海洋全体に分布する。
特徴 成魚の頭と下顎が突出すること、舵鰭が丸く窪みがないこと、などから同属の二種と見分けられる。
その他 体が大きい、標本を集めるのが困難などの理由で長らく分類が混乱していたが、近年分類が整理され、マンボウ属はマンボウMola mola、ウシマンボウMola alexandrini、カクレマンボウMola tectaの三種とされた。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する