読み込み中 . . .
中止

ハナナガモチノウオ

Oxycheilinus celebicus (Bleeker, 1853)

分布 和歌山県、琉球列島以南。~西太平洋、ローリーショールズ。
特徴 ホホスジモチノウオ属の種類で、吻がやや長い。眼の周囲には放射状の線がある。体長20cm。
生息環境 岩礁やサンゴ礁域に生息する。ラグーンや内湾に多いともされている。
食性 動物食性と考えられる。
その他 Cheilinus oxyrhynchus (モチノウオ) は、Oxycheilinus celebicusの異名とされているが、ハナナガモチノウオによく似たものは分類学的整理が十分でないという意見もある。そもそも、琉球で採集され、「もちのいお」(=モチノウオ)の名を付けられたものをCheilinus oxyrhynchusと同定したことについても、再度検討が必要であるとされている。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 鹿児島県 奄美大島

2019.02.21

日本 鹿児島県 奄美大島 名瀬

2019.10.30

フィリピン ボホール島

2014.04.21

日本 沖縄県 西表島

2014.04.17

フィリピン グアム島

2008.02.19

フィリピン ボホール島

2014.04.21

フィリピン タクロバン市場

2008.07.15

フィリピン モアルボアル

2012.06.09

フィリピン ボホール島

2007.05.29

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する