読み込み中 . . .
中止

キュウセン

Parajulis poecileptera (Temminck and Schlegel, 1845)

分布 北海道~九州の日本海側、青森県以南太平洋側、瀬戸内海、伊豆諸島、東シナ海。~朝鮮半島、台湾、中国。
特徴 雌雄で色彩が異なり、雄型は青緑色、雌型は赤っぽい色をしており、特に前者は「アオベラ」と呼ばれている。体側には明瞭な暗色縦帯が入り、雄型の背鰭・臀鰭・尾鰭には多数の赤色斑が入り、非常に美しい。大形の雄型個体は体長30cmに達する。
生息環境 ホンベラやササノハベラなどと同様によく温帯に適応したベラで、熱帯域には見られない。沿岸や内湾の、藻類の多い砂底や岩礁によく見られる。本種も危険が迫った時や、夜間の休息時には砂中に潜る。
食性 動物食性で、甲殻類やゴカイ類などの底生動物を主に捕食する。水槽飼育下では配合飼料などもよく食する。
その他 本種は食用種として重要で、とくに関西で人気がある。煮つけ、塩焼などにして美味である。新鮮なものは刺身でも美味しい。
説明文ON/OFF

履歴

Mano_Yu さんが 学名を Parajulis poecileptera (Temminck and Schlegel, 1845) に変更しました 学名の誤記
2021.05.18 04:34