イラモドキ

Choerodon japonicus (Gomon, 1958)

分布 和歌山県白浜、土佐湾、奄美大島、沖縄島、尖閣諸島、小笠原諸島。~台湾。
特徴 体がやや低く見え、胸鰭の下部軟条がよく伸びるのが特徴である。この特徴により、独自の属である「イラモドキ属」が設定されることもある。体長20cmに達する。
生息環境 やや深い岩礁域やその周辺の砂礫底に生息する。

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。