読み込み中 . . .
中止

ホソスジナミダテンジクダイ

Nectamia fusca (Quoy and Gaimard, 1824)

分布 琉球列島。~インド-太平洋。紅海にも分布する。
特徴 体側の下方に5~6本の黒色横帯がある。眼の下には細い黒色斜帯がある。尾柄には暗色横帯があるが、側線より下方では不明瞭。体色は多くの場合茶褐色。バンダイシモチは本種に似ているが、バンダイシモチは体側の黒色横帯が3本で、眼下に幅広い三角形の帯があるなどの特徴で本種と区別できる。体長8cmほど。
生息環境 サンゴ礁域の浅所に生息する。タイドプールなどにも生息し磯遊びで普通に出会うことができる。
食性 動物食性。甲殻類や小魚などを捕食する。飼育下では配合飼料もよく食べる。
その他 釣りで漁獲されることもあるが多くの場合食用にはならない。観賞魚として飼育されることもあるが地味な色彩で流通することは少ない。テンジクダイの仲間は輸送にやや弱いがいったん水槽になれれば丈夫である。
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません