読み込み中 . . .
中止

ハガツオ

Sarda orientalis (Temminck and Schlegel, 1844)

形態・特徴 全長は1m程度にまでなる。体は紡錘形でやや側扁し、体の後半部も鱗に被われること、体側背面に暗色縦線が数本走ることなどで他の近似種と区別することができる。歯が鋭く、それが標準和名の由来となっている(歯鰹)。
分布 南日本。~インド・太平洋域。
生息環境 沿岸域の主に表層を群泳する。
食性 動物プランクトン、小型魚類、甲殻類、軟体動物などを捕食する動物食性。
その他 鮮度の落ちが早く、すぐに不味になってしまうため、市場流通する際は価値が低く評価されている。しかし、獲れたてのものをしっかり処理したものは美味で、生食でもかなり美味しく食べられる。離島で多く漁獲されるため、地元では美味しい本種を味わえる場合もある。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません