読み込み中 . . .
中止

ウケグチイットウダイ

Neoniphon sammara (Forsskål, 1775)

形態・特徴 背鰭棘中央下の側線上方横列鱗数は2.5。側線有孔鱗数は39~43。背鰭棘第1~3鰭膜に大きな黒斑がある。体側には多数の縦帯がある。ホソエビスに似るが、本種の背鰭棘鰭膜には大きな黒色斑があることで区別可能。体長20cm。
分布 紀伊半島以南。~紅海。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁の浅所に生息する普通種。昼間は孔内に潜むことも多い。
食性 肉食性。小魚や甲殻類を捕食する。
その他 沖縄では釣りや刺網で漁獲され、食用になっている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません