読み込み中 . . .
中止

マトフエフキ

Lethrinus harak (Forsskål, 1775)

形態・特徴 フエフキダイ科の中型種で、体長は50cmに達するが普通は25cmほど。本種には体側中央部に大きな暗色斑があることで他種との区別は容易。胸鰭基部の内側には鱗が密生するが脱落しやすい。背鰭棘中央部下の側線上方横列鱗数(TRac)は5~6である。尾鰭は赤っぽいがはっきりしない場合も多い。
分布 高知県以南。~インド・西太平洋域。藻場・砂礫域にすむ。
生息環境 サンゴ礁域やその周辺の砂底、藻場に生息する普通種。ごく浅い場所にもよく見られる。
食性 肉食性。小魚や甲殻類、ゴカイなどを捕食する。
その他 釣りや刺網などで漁獲され食用になる。肉は白身。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません