読み込み中 . . .
中止

タテシマフエフキ

Lethrinus obsoletus (Forsskål, 1775)

形態・特徴 胸鰭基部の内側に小鱗が密生する。背鰭棘中央部下の側線上方横列鱗数(TRac)は6。体側には黄色または橙色の縦帯が1本ある。ハナフエフキに似ているが、前鰓蓋骨後縁が赤くないことで区別できる。体長35cmほど。
分布 沖縄県以南。~インド・西太平洋域。砂礫、岩礁域にすむ。
その他 食用魚。釣りや刺網で漁獲される。従来使われていたLethrinus ramakは、L.obsoletusのシノニムとされた。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません