読み込み中 . . .
中止

スジオテンジクダイ

Ostorhinchus holotaenia (Regan, 1905)

分布 千葉県~屋久島の太平洋岸、長崎。台湾、インド洋、西太平洋。
特徴 従来「キンセンイシモチ ドット型」等と称されていたもの。鰓蓋から腹部にかけての白色縦帯が破線状で不連続であること、体側中央の縦帯は尾鰭の端にまで達することが特徴。体長6cmほど。
生息環境 岩礁域やサンゴ礁域に生息する。日本では太平洋岸の岩礁域や転石帯、水深10m前後の場所でよくみられる種類である。
食性 動物食性と考えられる。
その他 他のテンジクダイと同様に、雄は口腔内で卵を保護する習性がある。釣りなどで漁獲されるが小型なので食用とはされていない。アクアリストやダイバーには人気がある種類。
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません