ミナミヒメジ

Upeneus vittatus (Forsskål, 1775)

形態・特徴 体色は白っぽく、体側に黄色から橙色の縦帯が4本あり、髭は白いことが特徴。尾鰭の上葉と下葉には斜めに走る暗赤色と白色が交互に見られる帯があり、ヨコヒメジと似ているが、本種は尾鰭下葉中央部の暗色帯が太いことで区別できる。
分布 三重県、和歌山県、高知県、鹿児島県、琉球列島。~インド-太平洋。
生息環境 礁湖の砂底域や水深100mまでの沿岸域に生息する。
食性 主に多毛類や甲殻類などを食べる動物食性。
地方名 アヤバネ・クロズ(鹿児島県奄美大島)
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
つり具のmambooさんが日本 沖縄県 久米島町鳥島漁港で撮ったミナミヒメジ

日本 沖縄県 久米島町鳥島漁港

2022.08.29

つり具のmambooさんが日本 沖縄県 久米島町鳥島で撮ったミナミヒメジ

日本 沖縄県 久米島町鳥島

2021.12.07

しろーさんが日本 沖縄県 那覇市港町で撮ったミナミヒメジ

日本 沖縄県 那覇市港町

2016.01.09

NOAHさんが日本 沖縄県 本島近海で撮ったミナミヒメジ

日本 沖縄県 本島近海

2014.05.22

よもぎちゃんさんが日本 沖縄県 宮古島 荷川取魚港で撮ったミナミヒメジ

日本 沖縄県 宮古島 荷川取魚港

2007.07.29