読み込み中 . . .
loading
中止

イトベラ

Suezichthys gracilis (Steindachner and Döderlein, 1887)

形態・特徴 一見してキュウセンの仲間に似ているが、頬部に鱗をもつことが異なる。体は細長い。体側には赤色縦線があり、薄い横帯がでることもある。雌雄での体色の違いは少なく、雄の背鰭前部に小黒色斑がある程度。体長15cmになる。
分布 富山県および千葉県~九州までの各地沿岸、屋久島、沖縄島、小笠原諸島。~朝鮮半島、台湾、中国、オーストラリア東岸。
生息環境 沿岸の岩礁や砂・礫底に生息する。夜間の休息時、あるいは危険が迫ると砂の中に潜る。
食性 動物食性と考えられる。
その他 小型種であり、釣り人にはあまり有難がられない。イトベラ属は日本から4種類が知られているが、本種が最も普通種である。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません