読み込み中 . . .
中止

クロヌタウナギ

Eptatretus atami (Dean, 1904)

分布 青森県・茨城県以南、東シナ海。~朝鮮半島。
特徴 外鰓孔が6対で、それぞれが互いによく接していることでよく似たヌタウナギやムラサキヌタウナギと区別できる。
生息環境 主に水深64~85mにすみ、45~400mから漁獲されている。
食性 泥中の小動物を捕食したり、死魚や網にかかった魚なども捕食する。
その他 底曳網や籠などで漁獲される。肉は焼いたり、燻製などにして美味、革製品の代用にも。
説明文ON/OFF

履歴

Mano_Yu さんが 説明文の 分布 を編集しました 青森県・茨城県以南、東シナ海。~朝鮮半島。
2021.04.24 23:43