読み込み中 . . .
中止

ニシシマドジョウ

Cobitis sp. BIWAE type B

分布 本州の中部地方以西。主に太平洋、伊勢湾、三河湾、日本海に流入する河川。
特徴 オオシマドジョウによく似ているが大きくても10cmまでと、オオシマドジョウよりもやや小さい。尾鰭基部の黒色斑のうち、腹側のものが不明瞭である場合が多い。
生息環境 主に河川に生息する。砂や小石の下などに隠れていることが多い。
その他 従来「シマドジョウ西日本グループ2倍体型」と称されていたものであるようだ。食用にされることはほとんどなく、観賞魚として飼育されるが、バランスよく餌を与えないと、痩せやすい面がある。
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません