読み込み中 . . .
中止

カケロマキカイウツボ

Uropterygius xanthopterus Bleeker, 1859

分布 インド・太平洋に分布
日本では奄美群島から記録がある
特徴 体色は茶褐色で、頭部や体側に多数の白色斑がある。尾鰭は黄色。全長35cmほど
その他 いままで和名が付けられていなかったため,本図鑑ではフレックルフェイスリーフイールと表記していた.
説明文ON/OFF

履歴

teramura akinori さんが データフィールドを編集しました 日本でも確認されたため.
2018.06.02 01:34
teramura akinori さんが 説明文に その他 を追加しました いままで和名が付けられていなかったため,本図鑑ではフレックルフェイスリーフイールと表記していた.
2018.06.01 19:21
teramura akinori さんが 説明文の 分布 を編集しました インド・太平洋に分布
日本では奄美群島から記録がある
2018.06.01 19:21
teramura akinori さんが 分類名を カケロマキカイウツボ に変更しました 和名付加
本村ほか2018
奄美群島の魚類
2018.06.01 19:16
おきなわ さんが アミキカイウツボ属 の子に追加しました
2014.03.24 16:08