カケロマキカイウツボ

Uropterygius xanthopterus Bleeker, 1859


分布 インド・太平洋に分布
日本では奄美群島から記録がある
特徴 体色は茶褐色で、頭部や体側に多数の白色斑がある。尾鰭は黄色。全長35cmほど
その他 いままで和名が付けられていなかったため,本図鑑ではフレックルフェイスリーフイールと表記していた.

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。