読み込み中 . . .
中止

アゴハタ

Pogonoperca punctata (Valenciennes, 1830)

形態・特徴 背部に暗色鞍状斑があり、体側には小白色斑が散在する。下顎には大きな皮弁をもつ。幼魚は体色が黒く、ヌノサラシとよく似るが、体側の模様は縦帯でなく、円形である。体長30cmに達する。
分布 和歌山県田辺湾、高知県、屋久島以南琉球列島。~東インド-太平洋
生息環境 沿岸の岩礁域や、サンゴ礁域にすむ。
食性 小魚や甲殻類を捕食する。
その他 ヌノサラシと同じく、皮膚から粘液毒を出す。本種も一時、ヌノサラシや、キハッソクなどとともにヌノサラシ科に含まれていた。肉は食用となるが、観賞魚として飼育されることがある。ただしその場合は皮膚から粘液毒を出すこともあるので、注意しなければならない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

アゴハタ

日本 沖縄県 久場島

2016.08.08

アゴハタ

日本 沖縄県 本島近海(名護市の魚市場で撮影)

2015.03.26

アゴハタ

日本 鹿児島県 瀬戸内町須子茂離沖

2004.11.21

アゴハタ

日本 沖縄県 本島近海(名護の魚市場で撮影)

2015.03.26

アゴハタ

日本 沖縄県 慶良間沖

2008.12.04

アゴハタ

日本 沖縄県 座間味島

2009.04.16

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する