読み込み中 . . .
中止

ヌノサラシ

Grammistes sexlineatus (Thunberg, 1792)

形態・特徴 体色は茶褐色で、淡色の縦帯が体側に多数あるが、これが点線状のものもいる。幼魚の模様も成魚の模様とあまり変わらない。アゴハタの幼魚とは、体側の模様が縦帯である点で区別できる。体長20cm。
分布 岩手県からの記録もあるが、普通は三重県以南の太平洋岸、琉球列島、小笠原諸島。~台湾、香港、南シナ海、インド-太平洋
生息環境 サンゴ礁域や、岩礁域の岩孔などに単独ですむ。
食性 小魚や甲殻類を捕食する。
その他 観賞魚として飼育されることもあるが、皮膚から粘液毒グラミスチンを出すことがある。従来、本種や、アゴハタ、キハッソクのように皮膚から毒を出すグループはヌノサラシ科にまとめられたが、現在はハタ科の中に含まれることが多い。ヌノサラシ属は、本種のみが知られている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません