読み込み中 . . .
中止

シロギス

Sillago japonica Temminck and Schlegel, 1843

形態・特徴 背鰭は2基。背鰭と臀鰭の基底は長く、どちらの鰭にも目立つ模様はない。側線上方鱗数は3~4枚。体背面は肌色のような色で、砂地と同化するような色合いになっており、腹面は白色。海中を泳いでいる際には,体側背側に数個の金色の斑点が見られたり、青色の縦線が見られることもある。
分布 北海道南部~九州。朝鮮半島南部、黄海、台湾。
生息環境 沿岸の砂底・砂泥底の海底から20cmくらいまで上方のところを遊泳し、危険を感じると砂中に潜ることもある。岩礁周りや、河口域へもよく進入する。産卵期は夏で、夜間に産卵すると考えられる。
食性 主に多毛類や甲殻類などを食べる動物食性。
その他 繊細そうで可憐な姿が日本人の心を捉えたのか、「海の女王」と称される。
天ぷら種として欠かせない本種は、水産上重要種でもある。天ぷら種のほか、刺身や塩焼きなどで賞味される。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません