読み込み中 . . .
中止

アカマダラハタ

Epinephelus fuscoguttatus (Forsskål, 1775)

形態・特徴 マダラハタによく似ているが、胸鰭の地色が生鮮時は赤っぽく、頭部背縁は眼の後方で凹み、後頭部で盛り上がっている。体長は大きいものでは1m近くにまでなる。
分布 琉球列島、インド-太平洋。
生息環境 浅海の岩礁やサンゴ礁域などにすむ。
食性 小魚、甲殻類、イカ・タコなどを捕食する。
その他 東南アジアでは重要な食用魚であるが、琉球列島などではシガテラ毒魚とされている場合もある。刺網や釣りなどで漁獲されている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません