ノミノクチ

Epinephelus trimaculatus (Valenciennes, 1828)

分布 千葉県~九州までの太平洋岸、山口県、九州北岸、東シナ海。~朝鮮半島、台湾、中国、南シナ海。
特徴 体側から尾鰭には橙色から赤褐色の斑点が密にあるが、胸鰭にはない。体側の背縁には3つの黒色斑がある。尾鰭後縁は丸い。体長30cmほどになる。
生息環境 沿岸の岩礁域に生息する。
食性 動物食性
地方名 アイナメ・アガラバタ・キジハタ・キジバタ・ゲンジ・コメマス・バラハタ・マス(静岡県伊豆)
その他 他のハタ類と同様に定置網や刺し網、釣りなどで漁獲されて食用になっている。美味だというが、日本ではあまり多くない。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。