読み込み中 . . .
中止

ヤイトハタ

Epinephelus malabaricus (Bloch and Schneider, 1801)

形態・特徴 チャイロマルハタやクエによく似ている。本種の体側には瞳孔よりも小さな黒色斑があり、チャイロマルハタや、クエと区別できる。体側には白い明瞭な斑模様がある。大型種で、体長は1mに達する。
分布 相模湾以南、琉球列島。~台湾、インド-西太平洋
生息環境 日本では琉球列島以南に比較的多い。内湾のサンゴ礁域の砂底や、岩礁域に単独で見られることが多い。また汽水域にはいることもある。
食性 小魚や甲殻類などを食べる。
その他 釣り、延縄、刺網、潜水漁などによって漁獲され、食用となっている。刺身、鍋などに向く。沖縄や台湾では養殖もおこなわれており、ほかにクエとの交雑個体も報告されている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません