読み込み中 . . .
中止

アオノメハタ

Cephalopholis argus Bloch and Schneider, 1801

形態・特徴 ユカタハタ属の魚は背鰭棘が9本などの特徴をもつ。体色は緑褐色で、体側には小さな青色小斑が散在し、それらは黒く縁どられている。体側後半に白色横帯を出したりすることもよくある。体長35cmに達する。
分布 八丈島、和歌山県以南の太平洋岸、琉球列島、南大東島、尖閣諸島、小笠原諸島。~インド-太平洋、紅海。ハワイ諸島にも分布する。
生息環境 サンゴ礁域の浅所や、岩礁域にすむ普通種。幼魚は潮だまりで見られることもある。
食性 小魚や甲殻類、イカやタコなどを捕食する。
その他 食用魚。沖縄では釣り・刺網・潜水漁などによって漁獲され、市場にもよく出ている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません