読み込み中 . . .
中止

クロハタ

Aethaloperca rogaa (Forsskål, 1775)

形態・特徴 背鰭はユカタハタ属とおなじ9棘。体は高く、頭部の後方で盛り上がる。体色は暗色。胸鰭の軟条は、上方部の軟条が最長である。尾鰭の後縁は白色。体側には不明瞭な白色帯があるが、これが不明瞭なこともある。体長40cmほど。
分布 三重県以南、琉球列島、小笠原諸島。~インド-太平洋。紅海にも分布する。
生息環境 サンゴ礁域の岩礁に生息する。
食性 小魚をおもに捕食している。
その他 食用魚で小魚や甲殻類、頭足類などを捕食する。クロハタ属は1属1種であるが、ユカタハタ属に近いともされている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません