読み込み中 . . .
中止

ホウセキハタ

Epinephelus chlorostigma (Valenciennes, 1828)

形態・特徴 体側の斑点は瞳孔よりも小さいか、または同じくらいの大きさである。尾鰭後端は丸くならず、オオモンハタに似ているが、尾鰭の後端の、淡色の縁取りがない。体長60cmを超える。
分布 相模湾以南の太平洋岸、九州北西岸、琉球列島、小笠原諸島。~インド-西太平洋、サモア諸島、マーシャル諸島。
生息環境 沿岸域の岩礁や岩混じりの砂底に生息する。
食性 小魚などを捕食する。
その他 磯釣り、もしくは船釣りで釣れる。肉は白身で、刺身や鍋物など美味。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 宮崎県 宮崎沖(門川)

2011.10.08

日本 東京都小笠原村父島カメの首

2020.05.05

日本 鹿児島県 鹿児島沖

2016.11.15

日本 沖縄県 慶良間沖

2018.04.26

日本 沖縄県 久米島沿岸

2007.02.10

日本 沖縄県 久米島沿岸

2007.02.10

日本 鹿児島県 鹿児島沖

2016.11.15

日本 鹿児島県 鹿児島沖

2016.11.15

日本 沖縄県 久米島沿岸

2007.02.10

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する