読み込み中 . . .
中止

オオアオノメアラ

Plectropomus areolatus (Rüppell, 1830)

形態・特徴 スジアラ属魚類は背鰭棘数が8と、マハタ属やユカタハタ属と比べ少なく、臀鰭の第1棘が皮下に埋没する。本種は体側に瞳孔大の斑点があり、尾鰭後縁が湾入せず截形であることなどで同属他種と区別できる。体長60cm。
分布 琉球列島。インド・太平洋域。珊瑚礁の外縁にすむ。
生息環境 サンゴ礁域の外縁や岩礁などで見られる。
食性 小魚や甲殻類、軟体動物などを貪欲に捕食する。
その他 刺網、釣りなどで漁獲され、重要食用種となっている。また他のスジアラ属魚類と同じくルアー釣りなどの対象でもある。食用魚としても重要だが、一部の海域ではシガテラ毒をもつことがあり、要注意。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

モルディブ ウクラス島南の環礁

2018.03.12

フィリピン マニラのフィッシュマーケット

2014.04.10

フィジー諸島 ヤサワ諸島

2004.10.25

フィリピン マクタン島

2007.06.02

日本 鹿児島県 喜界島

2019.10.06

フィリピン サマール島

2010.05.17

フィリピン フィリピン(サマール島)

2009.04.25

フィリピン セブ

2009.06.22

フィリピン セブ

2009.06.22

フィリピン セブ

2010.01.08

フィリピン ヒルトゥガン島

2007.06.02

マレーシア シパダン島

2006.06.23

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する