読み込み中 . . .
loading
中止

オクカジカ

Myoxocephalus jaok (Cuvier, 1829)

形態・特徴 頭部は大きく、縦扁する。口も大きく、その後端は眼の後端を越える。前鰓蓋骨棘は4本あり、上方の棘は強く真っ直ぐ伸びる。頭部背面には皮弁がなく、その代わり2対の棘が見られる。尾鰭後端は白く縁取られないことなどが特徴。
分布 北海道太平洋・日本海・オホーツク海岸、青森県、新潟県。~朝鮮半島、サハリン、ベーリング海、アラスカ湾。
生息環境 水深50~100mの岩礁域や藻場に生息する。
食性 小型甲殻類や多毛類、小型魚類などを捕食する肉食性。
その他 ギカジカやシモフリカジカほど流通しないが、汁物や鍋などにして賞味される。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません