読み込み中 . . .
中止

ヒゲソリダイ

Hapalogenys nigripinnis (Schlegel in Temminck and Schlegel, 1843)

形態・特徴 頭部の有鱗域は広く、涙骨上にも広がる。体高が高く、体側には2本の暗色の斜走帯が見られる。下顎には髭が痕跡的に生えており、また主上顎骨には鱗が見られることなどが特徴。
分布 青森県以南の日本海・太平洋岸、九州西岸、瀬戸内海、東シナ海。~朝鮮半島、台湾、中国。
生息環境 水深90m以浅の沿岸域砂泥底に生息する。
食性 甲殻類、多毛類や小型魚類などを捕食する動物食性。
その他 あまり多く漁獲されないものの美味な魚として知られ、市場に流通する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません