読み込み中 . . .
中止

ヌマガレイ

Platichthys stellatus (Pallas, 1787)

特徴 眼は体の左側にあるが、海外では逆位の個体も多く知られる。有眼側には小さな骨質の瘤状突起あり、それが有眼側の体側を覆う。鰭は黄褐色で、黒色帯がある。体長90cmに達する大型種。
分布 霞ヶ浦・福井県小浜以北。~北アメリカ、カリフォルニア、朝鮮半島、沿海州。
生息環境 沿岸域に生息し、和名のように淡水域にも見られる。湖沼や河川に生息し、完全な淡水の場所でも見られる。
食性 肉食性。
その他 釣りや刺し網などで漁獲される。大型になり釣りの対象魚になるが、味は他のカレイにくらべて劣るという。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません