アカハタ

Epinephelus fasciatus (Forsskål, 1775)

形態・特徴 体色は赤みを帯び、体側には5本ほどの濃赤色帯があるが、これらには若干変異がある。尾鰭の後縁は丸い。背鰭棘の背縁は黒い。アカハタモドキは本種に良く似ているが、背鰭棘条部外縁が赤く、背鰭軟条部の後縁と尾鰭に黒色域があるのが特徴。ユカタハタ、アカハナなどのユカタハタ属とは、背鰭棘数が多い(本種で11棘、ユカタハタ属では9棘)ことで区別できる。体長30cmほど。
分布 伊豆諸島、相模湾以南の太平洋岸、山口県、九州北西岸、琉球列島、南大東島、小笠原諸島。~インド-太平洋。
生息環境 熱帯のサンゴ礁域から温帯の岩礁域に生息する普通種。浅所から深所に見られる。
食性 小魚や甲殻類などを主に捕食する。
その他 南日本や沖縄では刺網・釣り・潜水などの各漁法により漁獲され、食用となっている。刺身や煮付けなどにして美味である。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません