読み込み中 . . .
loading
中止

コノシロ

Konosirus punctatus (Temminck and Schlegel, 1846)

特徴 全長20cmほど。上顎前縁に鋭い欠刻があることでコノシロ亜科に分類される。背鰭軟条の後方の鰭が糸状に伸長し、鰓蓋の後方には1暗色班がある。ドロクイに似るが、上顎後縁が下方に曲がらないことで区別することができる。
分布 新潟県、松島湾以南。~南シナ海北部。
生息環境 内湾性で、産卵期には汽水域に進入する。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

日本 神奈川県 相模川河口

2019.03.17

日本 神奈川県 相模川河口

2019.03.16

日本 神奈川県 相模川河口

2019.03.15

日本 神奈川県 相模川河口

2019.03.15

日本 神奈川県 相模川河口

2019.03.15

日本 神奈川県 相模川河口

2019.03.15

日本 神奈川県 相模川河口

2019.03.15

日本 神奈川県 相模川河口

2019.03.13

日本 神奈川県 湘南地域河口

2019.03.03

日本 神奈川県 平塚新港

2019.01.01

日本 神奈川県 平塚新港

2018.12.31

日本 神奈川県 相模川河口

2018.12.25

日本 福井県 敦賀市

2018.04.22

日本 千葉県 南房

2017.10.20

日本 新潟県 新潟東港

2017.10.16

日本 宮崎県 延岡市赤水町

2017.10.15

日本 宮城県 牡鹿半島

2017.10.08

日本 東京都 若洲海浜公園

2017.08.21

日本 高知県 高知市浦戸湾

2017.04.16

日本 神奈川県 相模川河口

2016.11.20

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する