読み込み中 . . .
中止

サギフエ

Macroramphosus sagifue Jordan and Starks, 1902

形態・特徴 体は側扁し、粗雑な小鱗で被われ、側線はない。口は管状で歯はない。背鰭は2基で、その第2棘は強大で、その後縁は鋸歯状である。体形や色彩の変異は大きい。
分布 琉球列島をのぞく本州中部以南。インド・西太平洋域。
生息環境 水深15~150mの砂泥底に生息する。普段は逆立ちの状態で泳ぐが、長距離の移動の際には水平にして泳ぐ。
食性 海底付近の小型動物を捕食する。
その他 底曳網で大量に漁獲されることもあるが、大きくても20cmを超えることは稀であることもあり、食用にされることはほとんどない。但し、その姿形や泳ぎ方に愛嬌を感じる人も多く、水族館などでは人気があるようだ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません