スジブダイ

Scarus rivulatus Valenciennes, 1840

形態・特徴 雌型と雌型では色彩が大きく異なる。雄では頭部に橙色の唐草模様があり、また鰓蓋付近に黄色域がある。背鰭・臀鰭縁辺は青く縁取られる。胸鰭には橙色帯が1本ある。雌型は灰褐色で、他のアオブダイ属の雌型個体と混同されることがある。体長30cm。
分布 高知県、琉球列島。~西太平洋。珊瑚礁域にすむ。
生息環境 珊瑚礁域や岩礁域にすむ普通種。成魚は琉球列島以南に多いが、四国などでも時々漁獲される。
食性 普通藻類を捕食する。また小型動物も捕食している。
その他 沖縄では刺網や突き漁などで普通に漁獲され、食用となる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません