イソカサゴ

Scorpaenodes evides (Jordan and Thompson, 1914)

形態・特徴 イソカサゴ属の魚はマダラフサカサゴ属、ネッタイフサカサゴ属の魚に似ているが、これらの魚の背鰭棘は12本なのに対し本種では13棘であることであることにより区別できる。本種はその中では胸鰭の軟条は著しく長くならず、頬部の棘が鋸歯状にならず2棘、鰓蓋の下の方に黒色斑があることが特徴。本種の背鰭棘には毒があり刺されると痛む。体長10cmほど。
分布 千葉県勝浦以南。~インド・西太平洋域。浅海の岩礁域にすむ。
生息環境 沿岸域の岩礁、もしくは潮だまりにすむ普通種。岩の隙間や海藻の1種であるミルの中に隠れている場合もある。温帯域に多い。
食性 肉食性。主に小魚や甲殻類を捕食する。
その他 小型種で普通は食用にされないが、唐揚げなどにすると美味しい。ほか塩焼きなどにして食用になる。イソカサゴ属魚類は日本からは少なくとも8種が知られる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません