読み込み中 . . .
中止

イソカサゴ

Scorpaenodes evides (Jordan and Thompson, 1914)

形態・特徴 イソカサゴ属の魚はマダラフサカサゴ属、ネッタイフサカサゴ属の魚に似ているが、これらの魚の背鰭棘は12本なのに対し本種では13棘であることであることにより区別できる。本種はその中では胸鰭の軟条は著しく長くならず、頬部の棘が鋸歯状にならず2棘、鰓蓋の下の方に黒色斑があることが特徴。本種の背鰭棘には毒があり刺されると痛む。体長10cmほど。
分布 千葉県勝浦以南。~インド・西太平洋域。浅海の岩礁域にすむ。
生息環境 沿岸域の岩礁、もしくは潮だまりにすむ普通種。岩の隙間や海藻の1種であるミルの中に隠れている場合もある。温帯域に多い。
食性 肉食性。主に小魚や甲殻類を捕食する。
その他 小型種で普通は食用にされないが、唐揚げなどにすると美味しい。ほか塩焼きなどにして食用になる。イソカサゴ属魚類は日本からは少なくとも8種が知られる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 東京都 伊豆大島

2017.06.20

日本 神奈川県 真鶴岩港

2010.01.31

日本 宮崎県 延岡市赤水町

2018.04.15

日本 静岡県 沼津市 静浦漁港

2018.01.10

日本 神奈川県 茅ヶ崎漁港

2014.05.15

日本 静岡県 浜名湖今切口

2018.12.01

日本 静岡県 網代港

2014.12.24

日本 静岡県 浜松市/浜名湖

2008.12.30

日本 神奈川県 三崎港

2016.10.04

日本 三重県 尾鷲市 古江

2005.03.31

日本 愛媛県 由良半島 雨崎

2010.04.02

日本 東京都 伊豆大島

2016.06.05

日本 静岡県 沼津市口野漁港

2003.07.07

日本 静岡県 倉沢

2017.10.12

日本 千葉県 館山市坂田

2004.10.30

日本 静岡県 大瀬崎

2015.04.26

日本 千葉県 館山市坂田

2005.12.03

日本 静岡県 東伊豆

2013.11.21

日本 千葉県 外房

2017.09.22

日本 三重県 海山区引本

2010.09.04

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する