読み込み中 . . .
中止

エビスダイ

Ostichthys japonicus (Cuvier, 1829)

形態・特徴 側線鱗数は28~30。背鰭棘中央下の側線上方横列鱗数は3.5。両側の鼻骨間の溝はV字状で、ヤセエビスやリュウキュウエビスと区別できる。体色は鮮やかな赤色で、鱗には白色斑がでることも、でないこともある。体長30cm。
分布 青森県~九州までの日本海・太平洋・東シナ海沿岸、小笠原諸島。~済州島、西太平洋、小スンダ列島、オーストラリア、アンダマン海。
生息環境 やや深い岩礁域、砂底域に生息する普通種。
食性 肉食性。
その他 底曳網や底釣りで時として多量に漁獲される。大型種で美味。市場にもでる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません