読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ロウニンアジ

Caranx ignobilis (Forsskål, 1775)

特徴 ギンガメアジと比べて体高がある。オニヒラアジに似るが、大型になると、顔つきにかなり差がでてきて、吻の前縁の角度が急になる。オニヒラアジはロウニンアジよりも顔がとがり、スマートな印象を与える。第2背鰭の軟条数は18~20と少なく、21~23のオニヒラアジと見分けることができる。幼魚の体側から尾部にかけて5本の横帯がある。大型種で全長1mを超える。
分布 茨城県以南の太平洋岸(多くは幼魚)、屋久島、琉球列島、南大東島、小笠原諸島。~朝鮮半島、台湾、インド-太平洋。ハワイ諸島にもいる。
生息環境 内湾やサンゴ礁などの沿岸域に生息する。幼魚はギンガメアジ同様に、関東以南の太平洋側にそそぐ河川でもその姿を見ることができる。
その他 英語名でジャイアントトレバリー(Giant trevally)と呼ばれておりルアー釣りの対象魚として人気がある。他に底曳網や定置網などの漁法で漁獲され食用魚となっている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

MS さんが 説明文の その他 を編集しました 英語名でジャイアントトレバリー(Giant trevally)と呼ばれておりルアー釣りの対象魚として人気がある。他に底曳網や定置網などの漁法で漁獲され食用魚となっている。
2015.03.10 20:32
MS さんが 説明文の その他 を編集しました 英語名でジャイアントトレバリー(Giant trevally)、俗にGTと呼ばれておりルアー釣りの対象魚として人気がある。他に底曳網や定置網などの漁法で漁獲され食用魚となっている。
2015.03.10 20:29
MS さんが 説明文の 特徴 を編集しました ギンガメアジと比べて体高がある。オニヒラアジに似るが、大型になると、顔つきにかなり差がでてきて、吻の前縁の角度が急になる。オニヒラアジはロウニンアジよりも顔がとがり、スマートな印象を与える。第2背鰭の軟条数は18~20と少なく、21~23のオニヒラアジと見分けることができる。幼魚の体側から尾部にかけて5本の横帯がある。大型種で全長1mを超える。
2015.03.10 20:29
MS さんが 説明文の 生息環境 を編集しました 内湾やサンゴ礁などの沿岸域に生息する。幼魚はギンガメアジ同様に、関東以南の太平洋側にそそぐ河川でもその姿を見ることができる。
2015.03.10 20:29
MS さんが 説明文の 分布 を編集しました 茨城県以南の太平洋岸(多くは幼魚)、屋久島、琉球列島、南大東島、小笠原諸島。~朝鮮半島、台湾、インド-太平洋。ハワイ諸島にもいる。
2014.12.08 22:25