読み込み中 . . .
中止

トサカギンポ

Omobranchus fasciolatoceps (Richardson, 1846)

分布 富山湾、東京湾、瀬戸内海。台湾、中国沿岸。内湾や河口の岩礁域や感潮域にすむ。
特徴 頭部正中線に顕著で大きな皮弁がある。頭部には明瞭な横線があり、体側にも不明瞭な横帯がでることがある。体長6cm
生息環境 岩礁や、内湾に生息し、河口でも見られる。カキの殻の中にいることが多い。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません