読み込み中 . . .
中止

ミナミアカエソ

Synodus dermatogenys Fowler, 1912

形態・特徴 エソ科魚類は表徴形質に乏しく同定が難しい分類群のひとつである。本種はアカエソとよく似ている。本種は、背鰭軟条が10~13本(普通13本)、側線鱗数が56~64枚、前鼻孔の皮弁が細い形をしていることなどが特徴。対するアカエソは、それぞれ13~14本(普通14本)、60~66枚、幅広いヘラの形をしていることが特徴である。体色はミナミアカエソの方が白っぽい印象を受ける。
分布 小笠原、琉球列島。~インド・太平洋域。珊瑚礁域の珊瑚礁と砂地の境目に多い。
生息環境 浅海のサンゴ礁域およびその周辺の砂地に生息する。礁池内で見られることはないという。
食性 甲殻類や多毛類、小型魚類などを食べる動物食性。
その他 流通することはないが、釣り人や漁師にはしばしば賞味されることがある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

ミナミアカエソ

日本 沖縄県 名護市

2016.03.03

ミナミアカエソ

日本 愛媛県 愛南町

2018.11.08

ミナミアカエソ

日本 宮崎県 南郷町大島

2006.05.04

ミナミアカエソ

日本 宮崎県 串間市 

2015.09.27

ミナミアカエソ

日本 鹿児島県 瀬戸内町勝能沖

2004.08.08

ミナミアカエソ

日本 東京都 式根島 野伏港

2019.10.02

ミナミアカエソ

日本 東京都 八丈島底土港

2007.08.23

ミナミアカエソ

日本 沖縄県 北部

2020.05.03

ミナミアカエソ

日本 東京都 小笠原諸島 父島西沖

2018.07.09

ミナミアカエソ

サモア ウポル島

2015.09.22

ミナミアカエソ

日本 鹿児島県 喜界島湾港堤防

2007.10.26

ミナミアカエソ

日本 沖縄県 与那国島

2015.01.04

ミナミアカエソ

日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉志久湾

2006.02.24

ミナミアカエソ

日本 宮崎県 青島沖

2019.01.15

ミナミアカエソ

日本 東京都 式根島 野伏港

2019.10.02

ミナミアカエソ

日本 鹿児島県 奄美市

2011.01.09

ミナミアカエソ

日本 高知県 室戸岬新港

2007.09.26

ミナミアカエソ

日本 宮崎県 日南市大島

2009.09.25

ミナミアカエソ

日本 愛媛県 由良半島 成

2016.11.05

ミナミアカエソ

日本 東京都 八丈島 藍ヶ江

2020.09.06

ミナミアカエソ

日本 宮崎県 南郷町大島

2006.05.04

ミナミアカエソ

日本 東京都 八丈島 藍ヶ江

2020.09.06

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する