読み込み中 . . .
中止

アカテンモチノウオ

Cheilinus chlorourus (Bloch, 1791)

形態・特徴 尾鰭の上と下がのび、中央部がふくらむ。ミツバモチノウオによく似ているが、体側には多数の白色点があり、背鰭軟条数は8~9軟条と少ないなどの特徴により区別される。体長40cmほどになる。
分布 駿河湾、高知県、沖縄県。~インド。中部太平洋域。岩礁にすむ。
生息環境 サンゴ礁、岩礁に生息する普通種。
食性 主に甲殻類や、軟体動物などの底生動物を捕食する。
その他 沖縄では磯釣り、船釣りなどで釣れることがある。肉は白身で、食用にされている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません