読み込み中 . . .
中止

イソゴンベ

Cirrhitus pinnulatus pinnulatus (Forster, 1801)

形態・特徴 体はややずんぐりとしており、カサゴや、小型のハタの仲間と間違えられることもある。背鰭棘の先端には小さな糸状突起をもつこと、胸鰭軟条は下部が肥厚することで、これらの魚と見分けられる。体長25cmと、日本産のゴンベ科魚類ではやや大型。
分布 伊豆半島、高知県以南、小笠原諸島。~インド・太平洋の熱帯域。珊瑚礁外縁の波の荒い場所にすむ。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁域の波の荒い場所によく見られる。
食性 甲殻類や小魚を捕食する。夜行性ともいわれている。
その他 釣りなどで漁獲される。たまにハタ類などとともに市場にあがる。イソゴンベ属の魚種はインド・太平洋、東太平洋、頭部大西洋に生息する4種が有効種とされている。日本産は本種1種のみ。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

Mano_Yu さんが 学名を Cirrhitus pinnulatus pinnulatus (Forster, 1801) に変更しました 学名の変更
2021.05.18 03:54