読み込み中 . . .
中止

イトヨリダイ

Nemipterus virgatus (Houttuyn, 1782)

形態・特徴 体色は背部が鮮やかな桃色で、腹部は淡色、体側には6-8本の幅の狭い黄色縦帯をもつ。背鰭は10棘9軟条で、他の日本産イトヨリダイ属と同様だが、臀鰭は3棘8軟条と軟条数が多い(他の日本産イトヨリダイ属では多くが3棘7軟条)。生鮮時には側線始部に小さな赤色斑がある。尾鰭上端は糸状にのびる。体長35cmに達する。
分布 新潟県・茨城県~九州南岸、東シナ海。~朝鮮半島、済州島、台湾、南シナ海。
生息環境 やや深い砂泥底にすむ。成魚は普通70m以深に多いが、それより浅い場所でも漁獲されている。幼魚は水深30mほどの場所ですごすが成長すると深みへ移動する。
食性 肉食性。小魚、甲殻類、軟体動物などを捕食する。特にエビ・カニ類を好むようだ。
その他 初夏~秋に産卵期を迎える。卵は分離浮性卵。底曳網で多量に漁獲される重要食用魚。美味で刺身や煮付け、干物、焼き物に向く。ほか、肉は柔らかく、練製品にも使用される。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません