読み込み中 . . .
中止

オオカミウオ

Anarhichas orientalis Pallas, 1814

分布 新潟県・茨城県以北。~オホーツク海、ベーリング海。
特徴 体は長い。本種の歯は大きく前方の4~6本は犬歯状で、鋤骨、下顎の後方の歯は門歯状である。尾鰭は明瞭。腹鰭はない。体色は黄色や白っぽいものまで若干の変異はあるが概ね褐色。全長1mを超え、ゲンゲ亜目の魚類としてはかなり大きくなるものである。
生息環境 水深100m以浅の岩礁域に生息する。
食性 動物食性。甲殻類、軟体動物、棘皮動物などの無脊椎動物を好んで食う。
その他 日本では北海道などに多く、刺し網などで漁獲される。恐ろしい顔に似合わず肉は白身で刺身、焼き物など美味である。食用のほか、水族館でもよく飼育されている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 北海道 標津町沖合2キロ

2003.07.30

日本 北海道 知床

2020.01.21

日本 北海道 紋別沖

2014.04.06

日本 北海道 紋別市

2004.08.15

日本 北海道 知床

2020.01.21

日本 北海道 標津町沖合2キロ

2003.07.30

日本 北海道 紋別市

2004.08.15

日本 北海道 紋別市

2004.08.15

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する