ブリモドキ

Naucrates ductor (Linnaeus, 1758)

特徴 全長60cm。体高が低く、背鰭棘は鰭膜で連続しない。体側に黒色の横帯があり、地色が銀色なのでとても美しい。尾柄部に発達した隆起線がある。
分布 北海道以南。全世界の温・熱帯海域。
生息環境 外洋性で、大型魚に付随する傾向がある。
食性 動物食性と考えられる。
その他 釣りや定置網などで漁獲される。食用とされることはあまりないものの、刺身は美味。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。