読み込み中 . . .
中止

ウメイロ

Paracaesio xanthura (Bleeker, 1869)

形態・特徴 体の地色は青みを帯びた色で、体側上半部から、尾鰭、背鰭にかけては鮮やかな黄色である。体色のほか、側線有孔鱗数は70-72枚で同属他種と区別できる。尾鰭の中央部後縁に切れ込みがある。タカサゴ科のウメイロモドキは本種ににているが背鰭に鱗はなく、側線有孔鱗数は本種よりも少ない。体長40cmに達する。
分布 伊豆諸島、神奈川県以南の太平洋岸、長崎県、琉球列島、南大東島、小笠原諸島。~インド-太平洋。ハワイ諸島にはいない。
生息環境 やや深い岩礁域に群れですむ。
食性 動物プランクトンや小魚などを捕食する。
その他 釣りの対象魚として人気がある。船からのサビキ釣りなどで釣れる。最近は高級な食用魚として、都市のスーパーなどで出回ることもあるようだ。肉は白身で美味である。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません