読み込み中 . . .
中止

ハゼクチ

Acanthogobius hasta (Temminck and Schlegel, 1845)

形態・特徴 第1背鰭棘は9棘。頭部にはひげがない。眼は小さい。マハゼに似ているが尾鰭に黒色斑がなく、背鰭軟条数が17-20であることなどで区別できる。体はマハゼに比べて細長い。ハゼ科としては大型で、体長40cmに達する。
分布 有明海、八代海。朝鮮半島、中国、台湾。内湾の砂泥底にすむ。
生息環境 内湾の砂泥底にすむ。
食性 ゴカイ類、甲殻類、小魚などを捕食する。
その他 釣りの対象魚として有名である。食用にもなるが味はマハゼには劣るという。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません