読み込み中 . . .
中止

サツマカサゴ

Scorpaenopsis neglecta (Heckel, 1837)

形態・特徴 背鰭基底前方で体の背縁が顕著に盛り上。胸鰭内側外縁付近に黒色帯が1本見られ、上方ほど濃くなる。また、胸鰭内側には基底に複数の黒斑が散在する。最長背鰭棘は第4棘で、臀鰭第2棘は第3棘よりも長いことなどが特徴。
分布 中部以南の黒潮域、琉球列島。~西太平洋、東インド洋。珊瑚礁域や岩礁域の砂地に多い。
生息環境 沿岸域の岩礁・サンゴ礁域およびその周辺の砂地に生息する。
食性 小型魚類や甲殻類などを食べる動物食性。
その他 美味な魚として知られるが、刺毒魚であり、棘に刺されないよう取り扱う際には注意が必要だ。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません