読み込み中 . . .
中止

ヤミハタ

Cephalopholis boenak (Bloch, 1790)

形態・特徴 ユカタハタ属の魚は背鰭棘が9本などの特徴をもつ。本種は茶褐色の体色をもち、体側には幅の広い縦帯があるが、小斑はなく、鰓蓋に暗色斑があるくらい。胸鰭は暗色。背鰭、臀鰭、尾鰭には濃暗色帯があり、それらの鰭は白く縁取られる。体長20cmほどの小型種。
分布 三重県以南の太平洋岸、琉球列島。~台湾、海南島、インド-西太平洋。
生息環境 サンゴ礁域に生息する普通種。他、防波堤や消波ブロック、などの人工物にもつく。基本的には水深20mまでの浅所にすむ。
食性 肉食性とされている。甲殻類や小魚などを捕食する。
その他 小型種ではあるが釣り、網、もしくはかご漁などで漁獲され、食用になる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません