読み込み中 . . .
中止

イタチウオ

Brotula multibarbata Temminck and Schlegel, 1846

形態・特徴 吻と下顎に3対の髭を持つこと、背鰭と尾鰭と臀鰭は繋がっておりその縁辺は白いことなどが特徴。
分布 八丈島、千葉県以南の太平洋側、新潟県以南の日本海岸、長崎県、琉球列島、小笠原諸島。~インド-太平洋。紅海や南アフリカにも分布する。
生息環境 アシロ科魚類は、そのほとんどが深海性だが、イタチウオは珍しく浅海性である。沿岸の岩礁域に生息し、産卵期の7~8月に浅海域へ移動してくるため潮溜まりでも見られることがある。
食性 多毛類、甲殻類、小型魚類などを食べる動物食性。
その他 主に延縄や刺網で漁獲され食用になる。刺身や焼き物などで美味ではあるが、あまり獲れる種類ではないようだ。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません