読み込み中 . . .
中止

チャイロマルハタ

Epinephelus coioides (Hamilton, 1822)

形態・特徴 体はマハタよりも細く、クエなどに似ている。ただし本種には瞳孔と同じ大きさの茶褐色から赤褐色斑がある。ただし、この斑紋は固定後には不明瞭な暗色斑となる。ヤイトハタは本種に似ているが、体側に小黒色斑があることで区別できる。体長80cmを超える大型種。
分布 和歌山県以南の太平洋岸、新潟県、九州西岸、琉球列島。~台湾、インド-西太平洋域。
生息環境 主に熱帯の沿岸域浅所にすむが、水深100mほどの場所からも漁獲されている。内湾の砂底やサンゴ礁域に多く、汽水域のマングローブでも見かけられる。
食性 小魚や甲殻類などを食べる。
その他 大型種だが沿岸の浅海におり、遊漁の対象魚。ルアーも良く追う。職漁では刺網、延縄、潜水漁などで漁獲される。食用魚として重要である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません